RECRUIT
2016年入社
グローバル

Q.現在の仕事の内容を教えてください

私が所属する「グローバル部」は、海外のアニメファンが当社の作品を楽しめるように、様々な形でお届けする部署です。

主な業務は【ライセンス営業】、【商品輸出】、【イベントプロモーション業務】となります。ライセンス営業は、当社の作品を海外で展開できるように権利を販売します。商品輸出はその名の通りなのですが、当社の映像や音楽商品(Blu-rayやCD商品)やグッズを、日本の発売日に近いタイミング且つ、リーズナブルな価額で海外のお客様へお届けできるように輸出手配します。イベントプロモーション業務は、当社の作品を海外で広めるために、イベントに参加し、宣伝をします。

私のメインの仕事はライセンス営業です。作品がまだ映像になっていない時期に制作プロデューサーから企画書をもらい作品の内容を教えてもらいます。コミックや小説等、原作に基づいてのアニメ化の場合は、原作も読んでその作品の魅力を見出します。そして、もらった情報や原作の魅力を交え、海外の取引先に作品を紹介します。幾度となる交渉を重ね契約が成立(ライセンス)した後は、日本国内のTV放送とほぼ同時に海外でも作品を公開できるようになります!しかも現地の字幕付きでアニメファンは作品を見ることができるのです!

作品をライセンスした後でも、海外でも作品が長く展開できるように、取引先に日本での展開状況や今後の施策、作品の方向性を伝えながら、現地のフィードバックももらい、一緒にその地域なりの展開プランを考え、実施の手伝いをします。そのためグローバル部では、商談目的の出張だけでなく、イベント展開のための出張も頻繁にあります。

海外では、日本の常識では通用しないことが少なくありません。逆に、海外の常識は日本から見るとびっくりすることもしょっちゅうありますが、これはグローバル部の仕事の醍醐味でもあります。「こういう考え方もありますね!」「斬新!!」と感動(衝撃)しながら自分の視野も広くなっていくのを感じます。文化の差、言葉の壁でスリル満点、想定外のハプニング・・・、つまらないと思ったことが一度もありません!

Q.リフレッシュ方法は?

最近、ホットヨガに通っています。デスクワークが多いように見えますが、仕事の量は時期によって異なり、出張や商談イベントで意外と体力勝負の仕事です。そのために日々の運動が必要ですが、私は運動が苦手なので、考えた末にたどり着いたのがホットヨガです。汗とともに、ネガティブの気持ちとストレスを発散している気がします。そしてなにより、仕事が終わった後に同僚と火鍋や麻辣湯に行くのが一番のリフレッシュ方法です!食べ過ぎで翌日に胃もたれすることもありますが・・・。

Q.入社後のバンダイナムコアーツのイメージは?

私は中途入社です。以前はグループ会社の他社で働いていましたが、グループ会社の中でも各社の文化ややり方などは多少違いますので、当社に入社して最初は緊張と不安でいっぱいで、いちいち確認しながら業務を遂行していました。でも、私が所属する部署は、熱心に人に教えるタイプの人が多く、しかも曖昧の言い方でなくはっきり言ってくれる人たちばかりです。そのおかげで、どのような本音が隠れているのか?というような余計な心配がいらなく、気持ちがとても楽になりました。

ほかの部署との連動も頻繁にあります。違う立場や視点からそれぞれの意見を出し合い、変化の激しい海外市場でどうやってうまく展開しようか、と皆で積極的に討論しています。

一言で言えば、「元気で働きやすい会社」です!